数字

T氏は少しうんざりしたように「いいかい?」と棚から取った本を読み上げた。

「『数字のことしか語れない』というのは実は思考停止の典型的な症状なのです」

「『数字に訴える』ことはアイデア貧者の最後の拠り所であることを肝に銘じておきましょう」

「数字で語ることが重要なのは『誰にでも納得性がある』からですが、逆に言えば『誰にでも理解できる』こと自体が、思考が止まっている人でも理解できることを皮肉にも意味してしまっているのです」

Subscribe (購読)
guest
0 Comments
インラインのフィードバック
すべてのコメントを表示