“本物のペンを用いて本物の言葉で本物の事物を描けば、私だって本物にならないはずがないではないか。”

「 人はみんな病んでいる」というのが僕の基本的な世界観です。僕らはみんなその治癒を求めて生きているのです。あなたが誰かに治癒を求めようとすれば、あなたもまた誰かを治癒しなくてはなりません。僕らはその交換行為の中で「生きている」という実感を得るのです。多くの場合。 」

“どんな成功者にもその人だけがたった一人で向き合わなくてはいけない悩みや孤独がある。自分以外の人の地獄に対する想像力を持ってないといけないし、そう思えば誰も羨む必要はないとわかって自分の地獄に集中できる”

“芸術の唯一の起源は理念の認識であり、芸術の唯一の目標はこの認識の伝達である。”

「詩によって人の心に道義的な感興を起こさせ、礼を学ぶことによって人道的規範が確立し、音楽を学ぶことによって人間の情操を整理し美化して完成する。」

“有名人の訃報、特に幼い頃から知っている人の死去は、心を削る、ということはしっかり確認しておきたい。なんとなく食欲が湧かなかったり、目の前の作業に手をつける気が湧かなくなるのは、傷ついているから。自分の心は傷ついており、疲れている、と自認して、しっかりケアしましょう。”

“大切なのは普通の語で非凡なことを言うことである。”

“ぼくは地図帳拡げてオンガク”

“多くの場合、私の思考は言葉に結びつかないので、もやもやしたままだ。それは曖昧でおかしな形を描いて、呑み込まれていく。そしてたちまち私はそれを忘れてしまう。”

“書くという欲求は生きることの拒否に包まれている。”

“混乱、錯綜、分散か。それとも統一、秩序、摂理か。”

“人生をうまく切り抜けるには、先を見越すことと、大目に見ることの二つが効果的。”

“自分の命を輝かせるために、やりたいことをやれるような世の中であって欲しい。”

“大切なのは普通の語で非凡なことを言うことである。”

“現代人は粛々とパニックになる。”

“気が狂ったシーズン”

“最も個人的なことは、最もクリエイティブなこと”

“最も個人的なことが、最もクリエイティブなこと”

“どんなに取り繕ってもどうせ嫌われるんだから自分らしくさらけだしていこうぜ。どうせ嫌われるし、”