なんぴとたりとも、
起こすことを許さず、
遮音、遮光で……

寝過ぎた。
まさに春眠暁を覚えず。

Subscribe (購読)
guest
0 Comments
インラインのフィードバック
すべてのコメントを表示