だからせめて、
高橋源一郎氏のような、
ポストモダンで詩のような小説を。

アートも、
エンタメも、
昇華させたくて。

Subscribe (購読)
guest
0 Comments
インラインのフィードバック
すべてのコメントを表示