だからせめて、
高橋源一郎氏のような、
ポストモダンで詩のような小説を。

アートも、
エンタメも、
昇華させたくて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!