中学のときに、

切なくて切なくて切なくて、
ぼくもだよって微笑んでくれたような、

あの小説をいま読みたい。

Subscribe (購読)
guest
0 Comments
インラインのフィードバック
すべてのコメントを表示
« »